不倫の相談はフィンテックに任せよう|泣き寝入りはさせない!

ガベル

交渉は交渉のプロに

男性

トラブルに巻き込まれたら

ご近所トラブルや配偶者の不倫など、真面目に生きていてもトラブルに巻き込まれることがあります。そうした場合は自分で戦わなくては損するばかりですが、だからと言って交渉するのは慣れていない人には難しいものです。そんな時に頼りになるのが交渉のプロである弁護士です。例えば不倫の場合、離婚するのかしないのかで揉めることがあります。財産分与も現金だけならともかく家などの不動産があればどう分けるのかというのも交渉次第になります。そこに慰謝料や子供の親権、養育費などと決めなければならないことは山のようにあります。それらを一つ一つ希望する着地点に持っていくためには関連する法律の知識が必要不可欠です。ですから法律のプロでもある弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士にも相性がある

不倫はする方が悪いというのが現代日本の法律なので、不倫された場合は離婚するもしないも被害者側の意思によって決定されます。しかし慰謝料などは交渉しなければなりません。各家庭ごとの事情によって相場が変化するからです。ですから弁護士に相談して相場を確認する必要があるのです。しかし弁護士にも相性があります。敏腕であっても離婚問題には不慣れという弁護士も少なからずいます。そのため、まずは何人かの弁護士に相談し、その中でも離婚問題の対応に慣れている弁護士に依頼しましょう。弁護士に心当たりが無い場合でも市役所や法律センターなどで相談会を実施していることもよくあります。相談だけならそれほどの費用はかからないので、とにかくまず足を運んでみることです。初回の相談なら無料で行なっている事務所もあるので、まずは情報収集からスタートしましょう。

離婚を検討しているなら

男性

離婚に当たって有利な条件を引き出したいのなら、離婚専門の弁護士に依頼を行なって、条件面での折り合いを付けるサポートをしてもらうといいでしょう。幅広いケースを扱った豊富な経験や実績、ノウハウを生かして問題に取り組んでもらうことができるため、有利な立場に導いてもらいやすくなっています。

払い過ぎた利息は取り戻す

女性

過払い金は、消費者金融等の貸金業者に払い過ぎた利息のことです。請求すれば取り戻すことができます。特に、既に借金支払い済みの人は時効があるので、早めに福岡にある法律事務所へ相談して返還してもらいましょう。

まずは相談しましょう

法律書

大阪で交通事故に遭ってしまったり、起こしてしまったらまずは弁護士に依頼するのがベストな選択になります。自分で解決しようとすると長引いてしまうケースもありますから、スムーズな解決を目指すのであれば弁護士に依頼するのがベストです。